Settings

元日本語教師の海外日記

元日本語教師・英語教師/現言語教育コンサルタントのブログ🌻

やる気がでない学習者、どうして? (自己決定理論と動機付け)

意欲が低い学習者、理由は?

意欲が低い学習者はどんな学校でもどんなクラスでも必ずと言っていいほどいると思います。

学習内容に興味がない。

親にやらされている。

先生と合わない。

上達しないから。

その原因を挙げていけばきりがないほど多くの理由を持つ学習者に出会ってきました。

授業内容に集中したいところですが、意欲が低い学習者がいたらクラス内で差が出たり、準備した授業も受け手である学習者が受け止めてくれなかったら意味のないものになってしまったりしてします。


外発的動機と内発的動機
以前書いた外発的動機と内発的動機の記事が関係しているので大事な部分をまとめると、
(元記事は学習者目線で書いてあります。下の関連記事からどうぞ。)

学習者の動機には段階があって、学習意欲が高い順から

内発的動機:学習自体に楽しみを感じる段階

 

同一視的調整:学習で得られる利益に意欲が高まっている段階
(日本語を勉強して日本でお金を稼ぎたいという動機など)

取り入れ的調整:学習をすることで自分のメンツを守る段階
(クラスで恥をかくから勉強するなど)

外的調整:他者からの影響で学習している段階
(親に言われたからなど)

学習者の動機が上記のどの段階に位置しているのか把握することは対処方法を模索する上でとても役に立ちます。


自己決定理論
動機の段階がわかったところでいきなりですが、

関係性(学習者と指導者の関係)

有能性(内容の有能性)

自律性(学習者の自律を促す)

この3つの要素、学習環境に欠けていそうなものはありますか?

学習者がどの段階にいるか把握したら、学習意欲の要となる動機を内発的動機へと引き上げる方法を考えなくてはいけません。

この過程に関係してくるのがDeciとRyanが唱えた自己決定理論です。

人には持って生まれた成長意欲、探求心や活動意欲などがあって、それが成長の際に置かれた環境下によって影響を受けるとしています。

幼い赤ん坊は視力がしっかりし始めたら周りのものに興味を持ちだしますし、
喋るようになったら『どうして?』『なんで?』とこちらが圧倒されてしまうほど好奇心旺盛ですよね。

その『知りたい』という意欲も大きくなるにつれて、減ったり特定の事柄にしかなかったりと変化がでてきます。

きっと多くの人が経験しているので想像しやすいと思います。

この心理学的考えが言語学習にどう関係があるかというと、
大人になった学習者が意欲を取り戻せるような環境をどう整えるかが鍵ということです。

人は本来、成長して満たされた自分にする目的であらゆる意欲が備わっているとされています。
上記の関係性・有能性・自律性はその環境整備に不可欠な要素になります。
その環境を整えることで、学習者が本来持っている知的探求心に働きかけるという仕組みです。
 

学習意欲の低い学習者に必要なもの

学習者は各々理由を持っているので、その対処をするのは大変な作業だとも思います。


中には学習環境を整えるだけでは対処できないような個人の問題を抱える学習者もいます。

せっかく授業にでるならたくさん学んで欲しいですよね。

教師と学習者の関係なので踏み込めない範囲がありますが、学習環境を整えることは意識することで変えられることなので、次回は実例を挙げて書こうと思います。
その前に今回は理論の説明をまとめました😊

関連記事🌻